LoveLove世界遺産~旅行先は見たい世界遺産で決めよう~

2018年4月に世界遺産検定2級合格したことをきっかけに始めました。日本・世界各国の世界遺産を取り上げるブログです。国内・海外旅行で「どこに行こうか迷う。決め手が欲しい」そんなときの参考にどうぞ!

日本の世界遺産11・姫路城(2)

姫路城についての後編を今日はお届けします。

香港では空港閉鎖のデモが起きたり、日韓の関係がどんどん悪化し、アイドル、競馬などもはや政治と関係ないジャンルまでこじれてきています。

世界各国、波乱含みな令和元年の夏休み、いかがお過ごしでしょうか。

さっそくいきましょう。

 

池田輝政による5層7階建ての大天守は創建当時のままの姿が残っています。

地震、台風が頻繁に起きる日本では貴重な城となっています。

天守のほかにも櫓や塀など計74棟が重要文化財に、そして石垣も含めた全体が特別史跡に指定されています。

また西の丸には御殿は現存しませんが、化粧櫓や長局などが残っています。

 

化粧櫓は本田忠政が息子の忠刻、妻の千姫のために建てた居住空間で、千姫が男山の天満宮を遥拝する際に化粧を直した場所と伝えられています。

千姫は、もとは豊臣秀頼の正室として嫁ぎましたが、大阪城落城後、本多家に嫁いだことで知られています。

そんな時代背景も知っておくと、より一層、楽しめると思いますので、戦国時代に興味がおありのあなたはぜひ背景も学習してから行かれるとよいと思います。

以下、姫路市の公式サイトです。

姫路市|世界文化遺産・国宝 姫路城