LoveLove世界遺産~旅行先は見たい世界遺産で決めよう~

2018年4月に世界遺産検定2級合格したことをきっかけに始めました。日本・世界各国の世界遺産を取り上げるブログです。国内・海外旅行で「どこに行こうか迷う。決め手が欲しい」そんなときの参考にどうぞ!

日本の世界遺産8 古都奈良の文化財(2)

今回は古都奈良の文化財の後編をお届けします。

 

奈良に点在する寺社は、天皇家や藤原氏と密接に結びついているものが多いです。

どれも計画的に配置された木造建築物で、8世紀の文化、芸術、技術の水準の高さを示しています。

また平城京の中心であった平城京跡は、当時の都市設計や生活様式を伝える貴重な史料とされ、現在も発掘調査や建造物の復旧作業が進められています。

 

こうした資産群からは、日本の文化が中国や朝鮮との交流によって大きく発展していったことや、奈良時代が今日まで続く日本の律令国家や文化の基礎を形成した、きわめて重要な時代だったことを知ることができます。

 

文化財として世界遺産に登録されている春日山原生林は、古くから聖域として守られてきました。

841年に神域となって依頼、1000年以上にわたり人の手が加えられていない自然がいまだに残されています。

自然崇拝に根ざした日本固有の宗教観をあらわず例として、その価値が認められています。

 

その他の文化財、構成資産については、公式HPがありますのでぜひご確認ください。

次回は再度奈良県の世界遺産。法隆寺についてみていきます。

narashikanko.or.jp