LoveLove世界遺産~旅行先は見たい世界遺産で決めよう~

2018年4月に世界遺産検定2級合格したことをきっかけに始めました。日本・世界各国の世界遺産を取り上げるブログです。国内・海外旅行で「どこに行こうか迷う。決め手が欲しい」そんなときの参考にどうぞ!

日本の世界遺産5 富士山~信仰の対象と芸術の源泉~(2)

前回に引き続いて「富士山」についてみていきます。

 

国内外問わずさまざまな芸術作品に影響を与えてきた富士山。

19世紀には葛飾北斎の「富嶽三十六景」や歌川広重の「不二三十六景」など富士山をモチーフとした浮世絵が多く描かれました。

そして印象派で有名なゴッホ、モネなどの画家にも影響を与え、日本の文化の象徴的存在としても知られています。

 

構成資産は登山道や神社、湖や池、滝、遺跡や旧跡などの25資産にも及び、富士山を望む景勝地として「三保松原」も登録されています。

 

くわしい構成資産についてはこちらのHPでご確認ください。

構成資産について | 富士山が世界遺産に選ばれたわけ | 世界遺産 富士山とことんガイド