LoveLove世界遺産~旅行先は見たい世界遺産で決めよう~

2018年4月に世界遺産検定2級合格したことをきっかけに始めました。日本・世界各国の世界遺産を取り上げるブログです。国内・海外旅行で「どこに行こうか迷う。決め手が欲しい」そんなときの参考にどうぞ!

日本の世界遺産3 富岡製糸場と絹産業遺産群(2)

富岡製糸場と絹産業遺産群の後編を今日はお届けします。

 

いかにして明治から日本の養蚕技術が発展していったのか。

富岡製糸場に負うところは相当に大きいです。

さっそくいきましょう。

 

養蚕技術の研究を語る上で欠かせない人物が、田島弥平です。

自然の通風を重視した養蚕法である「清涼育」を確立したことで有名です。

越屋根を持つ「田島弥平旧宅」は近代養蚕農家建築の原点といわれています。

また、もう1人欠かせない人物としてあげておきたいのが高山長五郎。

温度と湿度を管理する養蚕法である「清温育」を確立し、生家である高山社跡で研究と始動を行いました。

 

こうした技術革新により製糸業が発展すると繭の増産と安定供給が求められるようになり、天然の風穴の冷風を利用した国内最大規模の蚕種貯蔵施設である「荒船風穴」が作られました。

 

富岡製糸場とこれらの施設が技術交流を行うことにで、養蚕技術を発展させ、飛躍的に高品質の生糸を輸出できるようになった日本。

20世紀初頭には世界一の生糸輸出国となりました。

 

富岡製糸場と3つの関連資産は、西欧から東アジアへ計画的な技術移転が行われ、日本で改良・発展した製糸技術が世界の服飾産業や文化に大きな影響を与えた点が評価され、世界遺産に登録されました。

 

次回は日本の世界遺産4をお届けします!

 

平成30年12月8日にこの記事を書いているわけですが、年末年始の旅行、まだ決まってない方、楽天会員の方は楽天トラベルで予約するとポイントもつきますのでお得です!

↓こちらからご確認くださいね!