LoveLove世界遺産~旅行先は見たい世界遺産で決めよう~

2018年4月に世界遺産検定2級合格したことをきっかけに始めました。日本・世界各国の世界遺産を取り上げるブログです。国内・海外旅行で「どこに行こうか迷う。決め手が欲しい」そんなときの参考にどうぞ!

日本の世界遺産1・平泉(1)

今回から日本の世界遺産について取り上げていきます。

第一弾は奥州・平泉を取り上げます。

 

浄土思想の宇宙観をあらわす庭園と建築が売りの平泉。

中尊寺、毛越寺、観自在王院跡、無量光院跡、金鶏山の5資産からなる「平泉ー仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群ー」は、この地の豪族であった奥州藤原氏ゆかりの遺産。

東北に極楽浄土を創りあげようとした藤原清衡の思いが代々受け継がれ、11世紀後半から12世紀後半の約100年間にわたり、平泉は文化の隆盛を誇りました。

藤原清衡は堀河天皇の勅命を受けて中尊寺を再興し、金色堂を建立した。

2代目基衡は毛越寺を再興。観自在王院は基衡の妻が建立し、無量光院は3代秀衡が造営しています。

 

藤原氏は政治の主体が貴族政治から武家政治へ転換していく時代の中、奥州で産出される金の力を背景に、軍事に頼らない平和的な政治をこの地に実現させた。

この遺産は、平泉が東北地方の行政の中心地であり、さらには京都と肩を並べるほどの都市であったことを今に伝えています。

 

次回は浄土思想についてくわしく見ていきます。

平泉に興味がわいたあなたは、こちらから平泉について確認してみてください。

hiraizumi.or.jp