LoveLove世界遺産~旅行先は見たい世界遺産で決めよう~

2018年4月に世界遺産検定2級合格したことをきっかけに始めました。日本・世界各国の世界遺産を取り上げるブログです。国内・海外旅行で「どこに行こうか迷う。決め手が欲しい」そんなときの参考にどうぞ!

世界遺産の基礎知識1・世界遺産ってそもそも何?

そもそも世界遺産って何?という方がけっこういらっしゃると思います。

旅行・観光先に世界遺産がある・なし、というのは見聞きはしたことはあるかもしれませんが、そもそも世界遺産の定義すら知らない、という状態ではせっかく見に行っても盛り上がりも半減といったところです。

というわけで、まず、世界遺産の基礎知識についてみていきましょう。

 

第一回の今回は「世界遺産ってそもそも何?」というテーマでお届けします。

ことばは知ってるけど、定義は知らない、という方は多いのではないか、と考えこのテーマからスタートしたいと思います。

わたしも恥ずかしながら世界遺産検定を受ける前は、そもそも世界遺産の定義は知らずにテキストを購入した人間なのでえらそうなことはいえませんが、せっかく海外・国内旅行するときに、世界遺産を見たい!息子、娘に見せたい!という目的意識を持ってこのブログをお読みいただいている方が多いかと思いますので、そこからスタートします。

前置きが長くなりすぎました。さっそくいきましょう!

 

 人類や地球にとってかけがいのない価値をもつ記念建造物や遺跡、自然環境などを人類共通の財産である「世界遺産」として保護し、次の世代へ確実に伝えてゆく世界的な取り組みが1972年の第17回ユネスコ総会で採択された世界遺産条約です。

 

顕著な普遍的価値(Outstanding Universal Value)をもつものとして、世界遺産条約では、世界中のさまざまな文化財や自然環境を記載しています。

 

1978年に最初の世界遺産として登録されたのは12件。

昨年2017年8月現在では、1073件の世界遺産が登録されています。

 

とはいうものの、世界遺産条約なんて聞いたことないですよ???というあなたの疑問ももっともです。

これについては次回に詳しくみていきます。

そして、直近の最新ニュースについては別カテゴリーになりますが「世界遺産ニュース。」で随時お届けしますので、日本含め、あそこはまだ世界遺産になってないの?という情報はそちらでご確認ください。