LoveLove世界遺産~旅行先は見たい世界遺産で決めよう~

2018年4月に世界遺産検定2級合格したことをきっかけに始めました。日本・世界各国の世界遺産を取り上げるブログです。国内・海外旅行で「どこに行こうか迷う。決め手が欲しい」そんなときの参考にどうぞ!

標準時子午線で知られるグリニッジ天文台。河港都市「グリニッジ」の魅力とは?

義務教育で一度は聞くのが「グリニッジ天文台」

スマホ全盛の今、腕時計をしている人はレアなのかもしれませんが、日本人はよくもわるくも時間に左右されて生きている民族。

そういった意味で、グリニッジ天文台というのは歴史の授業で習うだけではなく、日常生活に密接に関わっている、というのはさすがに大げさでしょうか?

 

そんな「グリニッジ」ですが、世界遺産に登録されています。

わたしたちは教科書の紙面、かつ文字でしかお目にかかれない地名ですが、どんな街なのか?

こちらで特集を組んでいますのでぜひご確認ください。知識に深みが出ます。

tripeditor.com

日本の世界遺産10・紀伊山地の霊場と参詣道

だいぶ間隔が空いてしまいましたが、日本の世界遺産10をお届けします。

今回は和歌山県の世界遺産・紀伊山地です。

 

和歌山県を中心に3県にまたがる紀伊山地には古代から信仰を集めた霊場が点在しています。

世界遺産には吉野・大峯、熊野三山、高野山の3つの霊場とそれらを結ぶ参詣道が登録されています。

 

これらの霊場と参詣道には、日本古来の自然崇拝から生まれた神道と、大陸伝来の仏教が融合した神仏習合の思想をよくあらわしています。

 

古来、紀伊山地は神々が宿る特別な地と考えられてきましたが、大陸から仏教が伝来して以来、紀伊山地の山々は浄土に見立てられ、特殊な能力を得るための山岳修行の霊場となりました。

 

熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社を中心とする熊野三山は神仏習合の典型の地で、平安時代には天皇や貴族による「熊野詣」が行われ、意向も歴代天皇や貴族の崇拝を受けてきました。

 

江戸時代以降は庶民の間にも広まり、吉野・大峯には山岳修行者が集まり、次第に修験道の聖地となっていきました。

 

高野山は9世紀はじめ、真言宗を日本にもたらした僧・空海によって開かれました。

山上には金剛峰寺を中心に多くの寺院が立ち並び、宗教都市としての性格を帯びるようになりました。

 

このように紀伊山地は古くから聖地としてあがめられてきたが、各霊場の神社や仏教寺院などの建造物と、周辺の森林や小川、滝といった自然環境とが一体となった景観を形成しています。

 

この景観が1000年以上保存されている点が高く評価され、日本で初めて文化的景観が認められる遺産となりました。

 

つまりこの遺産は単なる「社道と道」ではなく、あくまで「山岳信仰の霊場と山岳修行の道」であり、紀伊山地の自然あってこそ成立しているんですね。

 

紀伊山地についてのくわしい情報は公式HPにてご確認ください。

www.sekaiisan-wakayama.jp

日本とペルーの世界遺産・マチュピチュを結ぶ知られざるキズナとは?

ここのところ日本の世界遺産を執筆できずすみません。

けっこう時間がかかるんですよ、と言い訳から入りましたが、今回も世界遺産ニュース。

誰しも1度は聞いたことはあるが正直行ったこともなければイメージも映像としてわきにくいのが

 

マチュピチュ

 

ではないでしょうか。

参考までにマチュピチュとは・・・

 

日本から1万5,000キロ離れた南米大陸ペルーの、標高2,400メートル以上の山に築かれた15世紀頃のインカ帝国の遺跡です。

 

そんなマチュピチュと日本に意外な絆がある、というコラムを今回はご紹介。

令和元年も1ヶ月が経過したこともあり、ちゃんとブログを作っていかないとな、と反省中です。

というわけで、クリックしてご確認ください。

meruma.sekaken.jp

堺市博物館の特別展「百舌古墳群―巨大墓の時代―」チケットプレゼントクイズ!

わたしは住まいが神奈川ということもあり、残念ながら行けないんですが、関西圏にお住まいの方にはオススメの企画。

 

堺市博物館で開催されている特別展「百舌古墳群―巨大墓の時代―」チケットプレゼントクイズです。

 

世界遺産登録を目指していることもあり、また地元でも意見が割れている古墳群ということもあり、一度は展示を見ておく価値はあろうかと思います。

展示の詳細ページはこちらです。

堺市博物館 堺市

 

チケットプレゼントのキャンペーンの詳細はこちらからご確認ください。応募期限は2019年6月2日までになっています。

http://meruma.sekaken.jp/c/aqokaelkxL2HcRbG

東京都美術館で「クリムト展 ウィーンと日本 1900」開催中!

日本の世界遺産をナマで見る機会は今後もありそうですが、海外の世界遺産と触れる機会となるとなかなか日常生活の中では難しいです。

 

そういう意味では、東京・上野で先月末から開催中の「クリムト展 ウィーンと日本 1900」は、世界遺産ってどんな感じなんだろう?という方でも、またある程度くわしい方でも楽しめるつくりになっています。

 

今回は、日本でも人気の高いグスタフ・クリムトの作品を過去最大規模に集めた展示会ということで注目を集めています。

また、都内にはなりますが六本木の国立新美術館では『ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道』(8月5日まで)が開かれています。

 

さらに、目黒美術館では『世紀末ウィーンのグラフィック』が開催中です。今年はオーストリアと日本が正式に外交を開始してから150周年という節目の年なので、このようにウィーンに関連する展覧会が目白押しなんですね。

 

令和元年、何か新しいことを学ぼうかな、やろうかな、というあなたには世界遺産、ほんとにオススメです。

歴史、文化、民族、、、あらゆるジャンルに絡む学習ができます。

また、学生の方なら旅行業界を就職先に考える際に、選考の材料として使われることもありますので、ぜひ3級からでもスタートしてみてくださいね。

 

と本題からややそれたので、クリムト展のくわしいHPをご紹介しておきます。

meruma.sekaken.jp

天国と地獄を体感できる?世界の絶景スポットベスト5。

 自然災害、とよくいいますが、災害といっているのは人間だけで、自然からすれば日常茶飯事のこと、といえるかもしれません。

 

そんな自然が起こす神秘、自然が創り上げる景色は、いくらAIが発達しようが、人間が太刀打ちできる代物ではありません。

 

天国とはどんなところか。

あるいは地獄とは?

 

現世で生きているわたしたちには知る由もないわけですが、それに近い?風景なら見られるかもしれません。

自然が作った絶景スポットが世界各地にある中、ベスト5を今回はご紹介。

世界遺産に興味はあれど、家族は興味がないから旅行にいけない・・・口実が作れない・・・とおなやみのお父さん?お母さん?にぜひ見てほしいですね。

 

10連休最終日、ということで、明日からある意味令和元年スタート、という方も多いはず。

気軽に通勤電車でご覧ください。

tripeditor.com

令和最初に認定される日本の世界遺産はこのエリアか?さよなら平成、はじめまして令和の10連休開幕。

今日から10連休開幕となった2019年4月27日。

いよいよ平成もあと4日となりました。

 

毎年行われている世界遺産委員会ですが、今年は6月30日から7月10日までアゼルバイジャン共和国のバクーで開催されます。

わたしは南関東に住んでいることもあり、鎌倉、なんとかならないかなーと思っていますが、いろいろ難しいですね年に結構な回数行ってますが。

すでに観光地として定着しつつあるのと、食べ歩きの問題、小町通りの狭さなどもあって、これ以上のキャパを受け入れられるのか、またキャッシュレス社会が令和になって日本でもさすがに進むと思いますので、ビットコイン決済なり、クレカ決済なりが現状できない店が大半の鎌倉では、受け入れ態勢も厳しいものと思われます。

 

そんな令和元年目前なわけですが、日本から申請している中で有望なのが

百舌鳥・古市古墳群 です。

天皇家ともゆかりが深い遺跡群となります。

 

昨年は長崎・熊本のキリシタン関連が審査を通りましたが、果たして今年も無事通過できるのかどうか。

日本人でも、「えっ、そんなのあるなら行ってみようかな」という新発見もあるのが世界遺産の醍醐味です。

 

わたしは毎年3月に世界遺産検定を受検していたんですが、今年はあえて令和一発目の7月受験です。

いよいよ1級ということで、さすがに一発合格はどうかなと思っていますが、勉強というより趣味、というスタンスのほうが楽しく学べると思いますので、就職に有利とか、旅行業界で働くにプラスだから、など就職ありきで学ぶより、もっと肩の力を抜いて接してもらえたらうれしい資格です。

 

というわけで、わたしも含め10連休、楽しく過ごしましょう!

といっているわたしは普通に仕事です。。。