LoveLove世界遺産~旅行先は見たい世界遺産で決めよう~

2018年4月に世界遺産検定2級合格したことをきっかけに始めました。日本・世界各国の世界遺産を取り上げるブログです。国内・海外旅行で「どこに行こうか迷う。決め手が欲しい」そんなときの参考にどうぞ!

日本の世界遺産9 法隆寺地域の仏教建造物群(2)

法隆寺地域の仏教建造物の中には、遠くシルクロードを渡って伝来したと考えられる様式も確認できます。

西院の金堂や五重塔の柱には、パルテノン神殿などのギリシャ建築にも多く見られる、柱の中ほどを太くした「エンタシス」と呼ばれる技法が用いられています。

 

これは視覚的な安定感を与えるもので、飛鳥時代の日本にヘレニズム文化が伝わっていたとも考えられています。

 

一方、聖徳太子の遺言で建立された寺院を起源とする法起寺の境内には、706年に創建された日本最古の三重塔が、創建当時そのままの姿で残されています。

また、法起寺の伽藍配置は、金堂と塔の配置が法隆寺の伽藍配置と逆になったものとなっています。

 

この地域の建造物群は、日本に仏教が伝わって間もない飛鳥時代の建築様式を示しており、中国や朝鮮の影響を受けながらも独自に発展した日本の仏教文化の発展過程を知る上でも貴重な史料となっています。

 

くわしくは奈良県観光の公式サイトよりご確認いただけます。法隆寺・法起寺メインのサイトになってます。

法隆寺地域の仏教建造物|奈良大和路の世界遺産|奈良県観光[公式サイト] あをによし なら旅ネット

 

次回は和歌山県にある世界遺産について取り上げます。

次回もお楽しみに!

 

日本の世界遺産9 法隆寺地域の仏教建造物群(1)

日本の世界遺産その9は、前回の奈良に続いて、エリアは同じ奈良県です。

 

取り上げるのは「法隆寺地域の仏教建造物群」。

時代は聖徳太子の飛鳥時代にまでさかのぼります。

 

奈良県生駒郡斑鳩町にある法隆寺の47棟と、法起寺の1棟が世界遺産に登録されています。

607年に厩戸王こと聖徳太子と推古天皇が建立した若草伽藍(斑鳩寺)を起源とする法隆寺は、西院と東院の2つの伽藍によって構成されています。

 

西院の金堂や五重塔は現存する世界最古の木造建築として知られています。

西院伽藍は、東に金堂、西に五重塔が並び、この伽藍配置を「法隆寺式伽藍配置」と呼びます。高さ31,6mの五重塔は、上に行くほど屋根が小さくなり塔身も細くなっており、この姿は視覚的にも安定感があるといわれており、デザイン性に対する評価も高くなっています。

 

主に7~8世紀に建立され、北魏の時代の影響が色濃く残されています。

また西院の入り口にあたる法隆寺中門の左右には、阿形と吽形の2体の力士像が置かれており、特に阿形像は塑像による現存最古の力士像として知られています。

 

次回は世界遺産検定必須の知識ともいわれる「エンタシス」についてみていきます。

日本の仏教文化発祥の地、時代を構成している世界遺産ですので、ぜひ次回も注目してお読みください。

 

世界遺産検定「第36回検定」の申込が本日3月15日(金)より受付開始!

わたしは2017年に3級、昨年2018年に2級を取得してきたこともあり、いよいよ今年は1級を受験だ!と意気込んでいて、毎年3月に受けていたこともあり、相性のいい3月に受験しようと思っていたんですが・・・

 

予想以上にハイレベルで勉強が追いつかなかったため、今月の受験を見合わせて次に受けることにしました。

その次となる36回目の検定が、本日2019年3月15日から開始されました。

 

世界遺産検定は、旅行関係の就職にも役立つ上に、大学入試などでも役立つ知識も多く、若い世代にもっと受けてほしい検定です。

知名度はソコソコはありますが、まだまだこれからとも思える資格ですので、ぜひ4級からでも3級からでも、まずは参考書を手に取るところからぜひスタートしてほしいです。

 

検定の案内は世界遺産検定の公式HPのこちらからご確認いただけます。

夏に受けるのは初めてなのでどんな感じなのか、わたしも今から楽しみにしています。

www.sekaken.jp

意外に知らない京都初の○○シリーズ。女子高生御用達・セーラー服発祥の地は京都?

記事タイトルのセーラー服を学生の制服として採用したのは京都が初、というのは地元の方なら常識、といえるかもしれませんが、案外知らないものです。

 

平安女学院。

 

名前だけは一度は聞いたことがあるのではないかと思う有名校ですが、学校名からして気品が漂ってきます。

平安、と名乗れるのはある意味京都の特権、かもしれませんね。

今年の5月には新元号となるわけですが、平安、だめなんですかね?平成がいいなら平安もOKだと思いますが。

 

と横道にそれそうですが、セーラー服を学校の制服として初めてスタートさせたのがさきほどの平安女学院ですが、ほかにも京都発、京都初、はいろいろあります。

世界遺産めぐり以外にも京都観光を楽しみたいよ!というあなたはぜひ知っておいてほしい裏話がこちらです。

tripeditor.com

京都で食べたい♪注目のご当地プリン7つをご紹介!

世界遺産観光は、もちろん遺産を見るのが最大の目的ですが、宿、食事なども当然期待していくわけです。

中でも女子はご当地スイーツはやはり食べておきたいところではないでしょうか。

 

慣れ親しんだ日本国内でも、今まで食べたことがないスイーツは山ほど眠っています。

中でも、つい先日「日本の世界遺産。」でご紹介したばかりですが、地元の素材にこだわっている、京都のご当地プリンは、世界遺産観光だけではなくチェックすべき項目。

くわしくは以下のまとめサイトをご覧ください。

tripeditor.com

オーストラリアの世界遺産・エアーズロック登頂は2019年10月26日まで。

現在は日本の世界遺産をご紹介しつつ、最新の世界遺産ニュースを取り上げるという並行で書いているブログ記事ですが、これはさすがに早めにお伝えしておかないといけない、というニュースが入ったので取り上げます。

 

日本ではありませんが、世界的にも有名で一度は名前は聞いたことがあるであろうオーストラリアのエアーズロック。

世界遺産に認定されているわけですが、実際に登れるのはオーストラリア政府の意向もあり、2019年10月26日まで。つまりあと半年ちょっととなりそうなんですね。

自然を残すためには、人が入らないほうがいい、というのは当たり前すぎる話ではありますが、今後はエアーズロックに登頂することが難しくなる可能性がかなり高くなっています。

 

詳細についてはくわしいサイトがありますので、掲載しておきます。

5月の10連休は間に合わないかもしれませんが、夏休みならまだまだ間に合う海外旅行、ぜひ検討してみてくださいね。

tripeditor.com

 

2019年3月28日『駐日パキスタン・イスラム共和国大使館 カルチャー&ツーリズムセミナー』が開催されます。

日本は無宗教といわれて久しいですが、クリスマスの一週間後には初詣に行く、という不思議な民族でもあります。

また結婚式はウエディングドレス、お墓は仏教、といったことに対してあまり違和感を感じることなく過ごしているのが日本人なわけですが、中でもなじみがないのがイスラムではないでしょうか。

 

東京オリンピックまでもうカウントダウンが始まっている2019年3月ですが、ハラルなど、イスラム独特のしきたりもあって、日本にせっかく観光に来ても食べることに困る、というケースはいまだにあるようです。

 

ハラルとは何か、というのは今回説明するのはブログの趣旨とそれてしまいますので、ご興味おありの方はぜひ研究してみてください。飲食業をやられている方ならご存知かなと思います。

 

というわけで、そんなイスラムについて直接学べる機会が今月末にありますのでご紹介します。

 

大使館主催のイベントで、正装が求められるため、きちんと時間厳守、ドタキャンがない方に参加いただきたいイベントになっています。

詳細は以下の通りです。

 

3月28日(木)、世界遺産アカデミーでは駐日パキスタン・イスラム共和国大使館ご協力のもと、『駐日パキスタン・イスラム共和国大使館 カルチャー&ツーリズムセミナー』を開催いたします。
本セミナーでは、パキスタンの世界遺産や祭礼、生活様式、観光地などをご紹介します。イスラム文化溢れるパキスタンの魅力に、触れてみてはいかがでしょうか。

【日時】
3月28日(木)午後18:30~21:00(終了予定)
【受付】
18:00より
※時間厳守のご協力をお願い申し上げます。
【会場】
駐日パキスタン・イスラム共和国大使館
〒106-0047 東京都港区南麻布4-6-17
【交通】
東京メトロ日比谷線「広尾」駅より、徒歩約10分
【概要】
・駐日パキスタン・イスラム共和国特命全権大使アサド・マジード・カーン閣下によるご挨拶
・報道参事官による、DVDを使いながらの、パキスタンの文化(世界遺産含む)、祭礼、生活様式、魅力ある観光地などのご紹介
・北村正任WHA理事長による返礼のご挨拶
・懇親会(ブッフェ形式によるお飲み物とパキスタン料理のご提供、ご歓談)
【参加費】
3,000円(税込)
【定員】
60名(事前申込制)
【備考】
・男性はジャケットの着用をお願い申し上げます。
・やむを得ない事由以外に、事前連絡なしに、当日キャンセルをされた方につきましては、今後、WHA主催イベントへのご参加をお控えいただくことがございます。

■詳しくはコチラ

2019年3月28日(木)開催、『駐日パキスタン・イスラム共和国大使館 カルチャー&ツーリズムセミナー』のご案内|世界遺産アカデミー