LoveLove世界遺産~旅行先は見たい世界遺産で決めよう~

2018年4月に世界遺産検定2級合格したことをきっかけに始めました。日本・世界各国の世界遺産を取り上げるブログです。国内・海外旅行で「どこに行こうか迷う。決め手が欲しい」そんなときの参考にどうぞ!

日本の世界遺産。雪山の絶景があり日本で唯一、流刑小屋が現存する世界遺産「五箇山」

遅かれながらあけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

 

今回取り上げるのは、日本の世界遺産とひとつ「五箇山」です。

日本の世界遺産。というカテゴリーで今後くわしくご紹介する予定ではありますが、季節が冬ということもあり、先にくわしい情報を掲載しておきます。

 

地球温暖化によって雪国ということばもいつか死語になってしまうのかもしれませんが、四季がある日本ならではともいえる世界遺産ですので、ぜひチェックしてみてください。

tripeditor.com

富士山~信仰の対象と芸術の源泉~(1)

今回取り上げるのは、日本人が頭に浮かぶ山の名前ランキングをやればおそらく圧勝するであろう「富士山」です。

 

意外なことに「自然遺産」ではなく「文化遺産」で登録されています。

古くから噴火を繰り返してきた富士山には神仏が住んでいると古くから多くの人々の信仰の対象となってきました。

人々は噴火を鎮めるために「浅間神社」を建立するなど、神々に祈りを捧げる一方で、湧き水をはじめ、富士山がもたらす自然の恵みを享受し、長年にわたってこの火山との共生を続けてきました。

 

平安時代後期に入ると富士山の噴火活動が落ち着いたこともあり、山岳信仰や密教などが結びついた修験道の場として多くの修験者を集めるようになりました。

 

富士山といえば遠くから拝む「遥拝」だけではなく、実際の登山することによって「登拝」も行われてきました。

江戸時代に入ると富士山を巡礼して上拝する「富士講」が民間信仰として広まりました。

また国内外問わず、さまざまな芸術作品に影響を与えてことでも高く評価されています。

これについては次回に譲りますが、日本だけでなく、ゴッホやモネなど海外の印象派の画家にも多大な影響を与えていますので、ぜひ次回もお付き合いください。

 

そして、改めてではありませんが、あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

日本の世界遺産4 ル・コルビュジエの建築作品(2)

今回はル・コルビュジエの建築作品が日本含め、どの地域にあるのかについて見ていきます。

 

1.フランス

・サヴォア邸と庭師小屋

・マルセイユのユニテ・ダビタシオン

・ロンシャンの礼拝堂

 

2.ベルギー

・ギエット邸

 

3.スイス連邦

・レマン湖の小さな家

 

4.インド

・チャンディガールのキャピトル・コンプレックス

 

5.アルゼンチン共和国

・クルチェット邸

 

6.ドイツ連邦共和国

・ヴァイセンホフ・ジードルングの住宅

 

ほかにもありますが、メジャーなところを今回はご紹介しています。

くわしくはこちらのHPが詳しいです。写真つきで紹介されていますので、渡航先検討にも使えますよ!

worldheritagesite.xyz

 

楽天会員なら、旅行するだけでポイントが自然と貯まりますのでオススメです。

 

国内旅行でお土産買うなら!神7公開!

世界遺産に興味はあるが、家族はそうでもない。

という世界遺産ヲタクのあなたには、やはり渡航先、旅行先の選定にはホテル、観光、お土産など、付加価値を家族にアピールする必要が出てきます。

 

そういう意味で、今回は国内旅行、かつ「お土産」に特化したHPをご紹介します。

2018年最後の更新となりました。

不定期ながらちびちびと来年も更新していきますので、ぜひ来年もお付き合いください。

今後の予定ですが、日本の世界遺産、世界遺産ニュースを中心にお届けし、日本の世界遺産にめどがついた段階で、いよいよ世界各国の世界遺産を取り上げる予定です。

 

それではみなさんよいお年をお迎えください!

temiyage.gnavi.co.jp

長崎と坂本竜馬の意外な接点?

今年は世界遺産登録でわいた長崎ですが、長崎といえば江戸時代の出島含め、歴史的にも面白い土地です。

日本史好きならご存知かもしれませんが、坂本竜馬との接点、ゆかりもあるのが長崎。

 

今年に限らず、世界遺産登録によってその土地が人気になるのは日本だけでなく世界各国悩みの種、になっているわけです。

特にゴミです。貴重な遺産にポイ捨てなど、結果的に見たい人が締め出される結果になりかねません。

来年は節度を守って気持ちよく、みんなで世界遺産、歴史を楽しめる社会になるといいなと思っています。

まあ今年もちゃんとやってる人はちゃんとやってるとは思うんですが、マナーが守れない、というのは最近の日本人にはかなり多い気はします。スマホの普及のせいかなと個人的には思っていますが。

 

というわけで、横道にそれてしまいそうなので、長崎行くなら竜馬もね、というサイトをご紹介します。

tripeditor.com

第24回 文化遺産国際協力コンソーシアム研究会『文化遺産とSDGs』、東京文化研究所で開催。

来年のことを言うと鬼が笑うといいますが、最近笑えるニュースも少ないですので、いいでしょう。

ということで、今回の世界遺産ニュースは来年早々に企画されている『文化遺産とSDGs』。

聴いたことがないフレーズだな、と思ったあなた、ぜひ確認してみてください。

 

日ごろ平和な日本で暮らしていると、見えてこないことが結構あります。

そういった意味で、とても勉強になります。

くわしくはこちらからご確認ください。

とはいえ、都心での開催ですので、首都圏在住の方以外はちょっと日程的に厳しいかもしれません。

wha.or.jp

 

日本の世界遺産4 ル・コルビュジエの建築作品(1)

近代建築運動の世界的な伝播と実践を示す建築。

それがル・コルジュビエの建築作品です。

 

スイス出身の建築家で、7カ国に点在する17の建築作品から構成されている世界遺産です。

複数の大陸にまたがっていることもあり、世界で初めてのトランス・コンチネンタル・サイトでもあります。

 

近代建築の3大巨匠に数えられるル・コルジュビエは「近代建築の五原則」や「モデュロール」などの新たな概念を打ち出し、20世紀以降の建築に大きな影響を与えました。

また公共住宅や都市設計にも優れた手腕を見せており、わたしたちにも身近なピロティは、フランス語で杭をあらわし、建物の一階部分を柱にして建物を支えることで、空中に浮くような軽やかな造形を生み出す工法。

フランスにある代表作であるサヴォア邸に見られるほか、日本の国立西洋美術館にも採用されています。

 

国立西洋美術館は実業家の松方幸次郎が1920年代までに収集し、戦後フランスに押収されていた「松方コレクション」と呼ばれる西洋美術品を展示する目的で建設されました。

専用の美術館建設がフランスからの寄贈返還の条件であったこともあり、日本政府はる・コルビュジエに建築を依頼し、1959年に開館しました。

 

無限成長美術館」という概念が採用され、巻貝が中心から外側に向かうように、展示作品が増えても外側に展示室を追加できる構造になっています。

天井の高さや間隔、外壁のタイルのサイズなどは前述のモデュロールに従っており、美的な調和と快適性をあわせもつ展示空間となっています。

 

次回はる・コルビュジエの建築作品の中でも主な構成遺産をご紹介します。

お楽しみに!