LoveLove世界遺産~旅行先は見たい世界遺産で決めよう~

2018年4月に世界遺産検定2級合格したことをきっかけに始めました。日本・世界各国の世界遺産を取り上げるブログです。国内・海外旅行で「どこに行こうか迷う。決め手が欲しい」そんなときの参考にどうぞ!

日本の世界遺産11・姫路城(2)

姫路城についての後編を今日はお届けします。

香港では空港閉鎖のデモが起きたり、日韓の関係がどんどん悪化し、アイドル、競馬などもはや政治と関係ないジャンルまでこじれてきています。

世界各国、波乱含みな令和元年の夏休み、いかがお過ごしでしょうか。

さっそくいきましょう。

 

池田輝政による5層7階建ての大天守は創建当時のままの姿が残っています。

地震、台風が頻繁に起きる日本では貴重な城となっています。

天守のほかにも櫓や塀など計74棟が重要文化財に、そして石垣も含めた全体が特別史跡に指定されています。

また西の丸には御殿は現存しませんが、化粧櫓や長局などが残っています。

 

化粧櫓は本田忠政が息子の忠刻、妻の千姫のために建てた居住空間で、千姫が男山の天満宮を遥拝する際に化粧を直した場所と伝えられています。

千姫は、もとは豊臣秀頼の正室として嫁ぎましたが、大阪城落城後、本多家に嫁いだことで知られています。

そんな時代背景も知っておくと、より一層、楽しめると思いますので、戦国時代に興味がおありのあなたはぜひ背景も学習してから行かれるとよいと思います。

以下、姫路市の公式サイトです。

姫路市|世界文化遺産・国宝 姫路城

日本の世界遺産11・姫路城(1)

日本の城好きなら世界遺産だからという理由は関係なく、誰しも知っているであろう名城。

兵庫県姫路市にある姫路城を今回は取り上げます。

熊本城が震災で破損していることもあり、日本国内の世界遺産は文化遺産は特に警戒して守っていかなければいけないわけですが、最近は天災より人災のほうが物騒、という残念な感じもします。

遺産を残し引き継いでいくのは今を生きてるわたしたちしかできないわけで、壊すのはカンタンですが、守るのはその数十倍の労苦が必要です。

 

というわけでさっそく見ていきましょう。

姫路城は日本木造城郭建築の最高傑作といわれています。

城郭としての起源は、南北朝時代の1346年に赤松貞範が築いた砦であると伝えられています。

16世紀末に羽柴秀吉はこの城を毛利氏攻略の拠点に定め、新たに3層の天守閣を建造しました。

1600年の関が原の戦いの後、城主となった池田輝政は9年間にも及ぶ大改修を実施し、姫路城の特徴でもある外観五層の大天守を中心とする天守群を築きました。

つづく本多忠政の時代には、長男の忠刻とその妻の千姫が住居とした西の丸も整備されています。

 

姫路城は、白漆喰の総塗籠の外壁が魅せる優美な姿から「白鷺城」とも呼ばれます。

その一方できわめて実用的で堅牢な城でもあり、らせん状に構築された複雑で巧妙な縄張り、姫山と呼ばれる自然の丘の地形をたくみに利用した曲輪や堀、数多く配された櫓や門などによって、高い防御力を兼ね備えています。

 

また城の内側には内部から弓矢や鉄砲を撃ちかけるための狭間、石や熱湯を浴びせかける石落としなどの設計が随所に施されています。

1615年の一国一城令、明治維新に際しての廃城令、そして第二次大戦の戦火も免れ、江戸時代初期の姿をほぼそのままに留めています。

 

1956年から8年間に及んだ「昭和の大修理」では、天守閣の解体工事が行われ、かつてのままの美しい姿を残しています。

近年では2009年から15年にかけて大天守の屋根瓦などの保存修理事業が行われ、修復を行いながら「真正性」を保つという保存の仕方も評価されています。

 

次回も引き続き姫路城についてみていきます。

令和最初の夏休み、お盆ともに暑いですががんばっていきましょう!

 

イースター島のモアイ像。救ったのはわれらが日本。四国のメーカーとは?

今回とりあげる世界遺産はモアイ像で有名な『ラパ・ニュイ国立公園』です。

ピンとこないかもしれませんが、国立公園内にモアイの実像があります。


皆さんはモアイの実物を見たことがありますか。
高さは平均で約4~5メートル、大きいものだと20メートル以上のものもあります。重量は20トンほどが一般的といわれます。

こんなものを何の目的で作ったのか?なぜ同じ向きに並べているのかは作った人に聞く以外ないわけですが、そういった点も含めて世界遺産はミステリーともいえます。

 

そんな日本からは遠く離れた異国の地にあるモアイ像ですが、グローバル化という名にふさわしく、その保存の手助けをしているのは意外や意外、日本の企業だったりします。

くわしくはこちらからご覧ください。

www.sekaken.jp

『インディ・ジョーンズ 最後の聖戦』の舞台となった世界遺産、知ってますか?

インディ・ジョーンズは今の世代はあまり見たことがないかもしれません。

バック・トゥ・ザ・フューチャーのデロリアンあたりは知っているかもしれません。

 

E.T、グレムリンあたりもひょっとしたら知らないという世代が大半になりつつあるのかもしれません。

 

こんな話をしているのには理由があり、今回ご紹介する世界遺産は、インディ・ジョーンズのロケ地にもなったんですね。

ヨルダンの世界遺産『隊商都市ペトラ』です。

 

世界遺産検定では3級では登場しませんので、2級から上を受けている方はご存知かもしれません。

中東といえばイラン、というイメージが2019年はしてしまいますが、世界遺産、結構あります。

観光、というイメージがあまりしないかもしれませんが、そんなペトラに関する特集がありますので今回ご紹介します。

 

こちらからご確認ください。

meruma.sekaken.jp

海外旅行が100倍楽しくなるビッグな企画。旅行と物理、さらに世界史のコラボが東京・代々木で開催されます!

代々木ゼミナールと世界遺産検定のコラボが今週日曜に東京・代々木で開催されます。

今後の日本の行方を占う令和第一弾の参議院選挙当日ですので、期日前投票or当日午前にさくっと投票してぜひ勉強しましょう。

旅行会社のH.I.Sもコラボしていますので、海外旅行が100倍楽しくなること間違いなし&世界遺産に興味がなかったあなたも「ん?意外と面白そうじゃない?」と思えるイベントになってます。

 

くわしくは以下の通りです。

 

2019年7月21日(日)代ゼミ×世界遺産検定×TABIPPO×H.I.S.コラボ企画!!
『物理&世界史で旅が100倍楽しくなる講義』のご案内


代々木ゼミナールと世界遺産検定、TABIPPO、H.I.S.の4社共同企画『世界史で旅が100倍楽しくなる講義』の第6弾、
「物理&世界史講義:核兵器の歴史と平和への道のり」が、都内・代々木ゼミナール本部校 代ゼミタワーで開催されます。
今回は、小学生と中学生向けの内容で夏休みの自由研究にも活用できるテーマです。ぜひご参加ください。

※受講生特典として、2019年度開催の「第37回~第39回 世界遺産検定」の受検料が割引となります。


【日時】
2019年7月21日(日)11:00~14:30
【会場】
代々木ゼミナール本部校 代ゼミタワー
〒151-8559 東京都渋谷区代々木2-25-7
【概要】
物理と世界史それぞれのスペシャリストが、核兵器完成を巡る科学者たちのストーリーと、
核の脅威と平和利用について、お話します。
【参加費(税込)】
・物理講義のみ:2,500円
・世界史講義のみ:2,500円
・物理と世界史の2講義:4,500円
※1枚のチケットで、大人1名と小・中学生2名の合計3名様まで、ご参加いただけます。

 

詳細はクリックしてご確認あれ。

meruma.sekaken.jp

2019年7月10日発売の『世界遺産のひみつ』で世界遺産を読もう!

世界遺産というと、どうしても現地に見に行くもの、というイメージがついてまわります。

もちろん間違えていませんし、現地で見ることによる価値ははかりしれないわけですが、なかなか日々生活をしていると国内、海外ともピンポイントで現地に行くのは難しいのもまた事実です。

 

また、知識があったほうがより楽しめるのも事実です。

そういった意味でコスパがいい本が、あさって7月10日に発売されますのでご紹介します。

その名も『世界遺産の秘密』。

税抜き880円とコスパもいいんですが、今ならプレゼントキャンペーンも行っています。

わたしも応募していますので、ライバルが増えるのは歓迎ではないんですが、下記サイトにてご確認いただけます。

カンタン応募できますので、ぜひどうぞ!

『世界遺産のひみつ』プレゼントキャンペーン – 世界遺産検定

標準時子午線で知られるグリニッジ天文台。河港都市「グリニッジ」の魅力とは?

義務教育で一度は聞くのが「グリニッジ天文台」

スマホ全盛の今、腕時計をしている人はレアなのかもしれませんが、日本人はよくもわるくも時間に左右されて生きている民族。

そういった意味で、グリニッジ天文台というのは歴史の授業で習うだけではなく、日常生活に密接に関わっている、というのはさすがに大げさでしょうか?

 

そんな「グリニッジ」ですが、世界遺産に登録されています。

わたしたちは教科書の紙面、かつ文字でしかお目にかかれない地名ですが、どんな街なのか?

こちらで特集を組んでいますのでぜひご確認ください。知識に深みが出ます。

tripeditor.com